イボ等冷凍凝固法

2022年1月29日(土)~プロコンのなんとなくDiary

頭部のイボが気になりだしたので、皮膚科で治療を開始した。今日は二度目の通院であるが、コロナ禍にもかかわらず凄く混んで流行っている病院だ。

具体的には、マイナス196℃四にも達する超低温の液体窒素を綿棒に染み込ませて、ウィルスに冒されている患部を急激に冷やすことで皮膚表面の異常組織を壊死させる治療法だ。何度か通って治療を繰り返すことになりそうだ。

冷凍凝固法とは | メディカルドック
目次 -INDEX-冷凍凝固法とはメリットデメリット/副作用治療期間費用相場注意点 冷凍凝固法とは 冷凍凝固法とは、顔や体にできたイボに−196℃の液体窒素を当てることで、意図的に凍傷を起こすことによってイボを壊して取り

プロコンとして、しっかり力を付けて、経営者を笑顔にしよう。さあ、明日も張り切って行こう!

‐以上‐

コメント

タイトルとURLをコピーしました