羽生結弦さんの北京五輪2022 夢の4回転半挑戦を世界が称賛

2022年2月12日(土)~プロコンのなんとなくDiary

羽生結弦さんのコメントが素晴らしい。

「全部出し切ったというのが正直な気持ちです。明らかに前の大会よりもいいアクセル跳んでいましたしもうちょっとだったなという気持ちももちろんあるんですけど、でもあれが僕のすべてかなって。それともちろんミスをしないことは大切だと思いますし、そうしないと勝てないのは分かるんですけど、でもある意味、前半2つのミスがあってこその『天と地と』の物語が出来上がってたのかなっていう気もします」

「なんかちょっと報われました、やっと。どんなに一生懸命頑張っても何も報われなかったオリンピックだったので、本当しんどかったですけど。でもなんかちょっとでも傷痕が残せたら。ちょっとでも皆さんの心の中にでも。記録もほしかったですけどね、本当は。でも、それでも皆さんが僕のスケートを見て、何か感じてくださったり、勝敗は決していいものではなかったかもしれないですけど。でも、やっぱ羽生のスケートいいなって思っていただけたらうれしいです」

果たして、ここから羽生はどこへ向かうのか。今後の動向に注目が集まる。

プロコンとして、しっかり力を付けて、経営者を笑顔にしよう。さあ、明日も張り切って行こう!

‐以上‐

コメント

タイトルとURLをコピーしました