ウクライナ情勢 ロシアが「軍事技術的措置」警告 NATO不拡大、米が拒否なら

2022年2月18日(金)~プロコンのなんとなくDiary

ウクライナ政府と同国東部の親ロ派武装勢力は18日、相手側が停戦合意を破り攻撃を仕掛けてきたと互いを批判した。ロシア軍による侵攻の懸念が高まる中、ウクライナ政府と親ロ派の非難合戦がエスカレートしている。

すでに戦争は始まっているという人もいる。本格的な攻撃による血みどろの戦いが始まってしまうのだろうか。決着の時は近いようだ。

ウクライナ情勢に一喜一憂、需給面では「売り飽き」の兆しも=来週の東京株式市場
来週の東京株式市場は、神経質な展開が想定されている。ウクライナ情勢を巡る不透明感は依然として根強く、来週も関連報道に一喜一憂する展開が続きそうだ。ただ、需給面では「売り飽き」の兆しもみられるといい、2万7000円台での値固めへの期待も出てい...

プロコンとして、しっかり力を付けて、経営者を笑顔にしよう。さあ、明日も張り切って行こう!

‐以上‐

コメント

タイトルとURLをコピーしました