僻地のM&Aのリテラシー

プロコンのなんとなくDiary

2022年5月21日(土)~プロコンのなんとなくDiary

リージャス静岡葵タワーが、オープン1周年と言うことで、今日、昼休みに記念イベントを開催して、入居者にキルフェボン(静岡発で全国区となった、女性に人気のタルトケーキ屋さん)のケーキを振舞うと言う。

こだわりのタルト、ケーキのお店。 キルフェボン
ようこそ、キルフェボンへ。こだわりのタルト、ケーキをご用意して青山、銀座、大阪など全国10店舗にてお客様のご来店を心よりお待ちしております。

オフィスを代表して参加した。

参加者15名程度で、一応の自己紹介も終えると某損害保険会社の方が近寄ってきて名刺交換、M&Aに興味ある模様だ。近隣の複数の都市で10名程度のスタッフで保険代理店をやっていると言う。

僻地の企業は、M&Aと言う手法も知らずに黒字企業が廃業していくような調子で危機感を持っているらしく、一緒に対策を講じたいと言う。思わぬところに出会いはあるものだ。次回、地元の担当者を交えて、ゆっくりお話ししてみよう!

「M&Aの学校」をつくり、M&Aのリテラシー向上とさらなる普及へ
M&Aの盛り上がりに伴い、年間の成約件数も増えてきています。これまで悪いイメージしかなかったM&Aですが、最近では中小企業の間でも一般的なものとなり、今後も更なる普及が見込まれています。 今後より一層と普及するために必要なこと、そのためにで...

プロコンとして、しっかり力を発揮して、経営者を笑顔にしよう。さあ、明日も張り切って行こう!

‐以上-

コメント

タイトルとURLをコピーしました