地銀再編やSBIのこと

プロコンのなんとなくDiary

2022年6月10日(金)~プロコンのなんとなくDiary

静岡銀行と名古屋銀行の提携。いつでも後戻りできる包括業務提携から入るのは、慎重な静岡銀行らしいが、効果は限定的だろう。
いつ経営統合に踏み込むのか、踏み込まないのか、勝負の分かれ目だ。

銀行本体の連携のみならず、静銀経営コンサルティングや静岡キャピタルなどのグループ会社も連携するだろうが、これも注目したい。

また、SBIの地銀連合。金融庁も渡りに舟なのだろう。

金融庁の賛意も得て、SBIが公的資金注入行の新生銀行を傘下とした辺りから、
SBIと金融庁の蜜月関係も感じられ、台風の目となる可能性はますます大きく
なっている。

ただ、金融庁もSBIに良いとこ取りだけさせるつもりはないだろうから、せめぎ合い
にも注目したい。

SBI北尾氏が仕掛ける「地銀再編」で取り沙汰される4地銀の名前 地銀・信金は3年以内に答えを出せ
菅義偉首相は9月の総裁選で「将来的には数が多すぎるのではないか」と地銀再編に踏み込んだ発言をしていた。そんな中、菅首相のブレーンとして知られるSBIホールディングスの北尾吉孝社長の動きが、市場で注目を集めている。北尾氏が仕掛ける「地銀再編」...

プロコンとして、しっかり力を発揮して、経営者を笑顔にしよう。さあ、明日も張り切って行こう!

‐以上-

コメント

タイトルとURLをコピーしました