1ドル=150円 再び為替介入

プロコンのなんとなくDiary

2022年10月22日(土)~プロのなんとなくDiary>

止まらない円安ドル高に再び為替介入が行われた模様だ。

およそ32年ぶりの円安水準が続いていた外国為替市場は、日本時間の22日未明に一時5円以上、円高ドル安が進んだ。政府・日銀による為替介入が実施されたとみられる。 円相場は日本時間の21日深夜に円安が急速に進み、1ドル=151円94銭と32年ぶりの安値となっていた。その後、一転して円が買い戻され、一時146円台前半まで急騰しました。円だけが数時間で5円以上急騰したことから市場では為替介入が行われたという見方が広がっている。

ただ、円買い単独介入の効果は限られ、円安の流れを食い止めることは難しい。せいぜい時間稼ぎの効果しかない。円安の流れが一巡するためには、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースが明確に落ちるなど、その政策姿勢の変化が確認されることが必要となる。

さあ、円安の経済を享受するよう、知恵を絞ろう!

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

プロコンとして、しっかり力を発揮して、経営者を笑顔にしよう。さあ、張り切って行こう!

‐以上-

コメント

タイトルとURLをコピーしました